シャープ福山レーザー株式会社は、シャープ株式会社の半導体レーザー事業を継承し、2019年4月にシャープの完全子会社として営業を開始致しました。


当社は1960年代に半導体レーザーの研究開発をスタート、1982年には業界に先駆けてCDプレーヤー用赤外半導体レーザーを製品化し、以降、赤色/青色/緑色半導体レーザーの開発・製品化により、お客様と共に成長して参りました。


半導体レーザーのアプリケーションは飛躍的に広がっています。お客様の独創的な商品を支えるレーザーデバイス・モジュールの創出・提供を通じて、社会の発展に貢献して参ります。


今後もより一層のご愛顧、ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。